2016/12/060 Shares

初心者さんあるある。『どんぐり倶楽部』と『どんぐり倶楽部オンライン』って、違うんですか?

違うホームページ

どんぐり子育て応援します!サポーターのサイトーさん。です。

  • どんぐり倶楽部の子育てやお勉強方法に興味がある
  • どんな教材がいいかしら?

と、

どんぐり子育てに興味を持ってくださった方とお話ししていて、時々お互いが

「ん?」

となることがしばしばあります。

それは、

相談者さんは、

どんぐり倶楽部オンライン

を元に、

私が

どんぐり倶楽部のホームページ

を元にお話ししている時です。

このホームページでは、

どんぐり倶楽部の公式ホームページを元にして、様々な情報を発信しています。

『 どんぐり倶楽部』と『どんぐり倶楽部オンライン』は違う団体です。

ちょっと「どんぐり倶楽部」で検索してみます。

どんぐり倶楽部 検索

お!どんぐり倶楽部オンラインの旧ホームページのトップページが二番目に来ていますね。

現在は

どんぐり倶楽部オンラインPC&モバイル

という新しいホームページができています。

(以下オンラインと表記します。)

三番目には旧オンラインのホームページのショップページ。(カートをクリックすると現在使用中のショップページにリンクしています。)

ここでは、教材や指導者養成講座などが購入できるようですが・・・

こちらは当然どんぐり倶楽部の公式ホームページではないので、

個人的に一番おススメ教材の

All-in-one

とか

どんぐり式スタートの準備編の

無料資料一括ダウンロード

だとか、そりゃ話しが通じないはずだ・・・

どんぐり初心者ママのお悩み:どんぐり倶楽部の教材が多すぎて何から手をつけていいかわかりません

「オンライン」という響きが、オンライン(ネット)を通じてサービスを受ける=どんぐり倶楽部はここで、教材注文とか添削サービスとかを受け付けているのかな?と誤解が生じちやうのも無理はないかな、と。

何が違うの?

一番大きな見た目の違いは・・・オンラインのホームページの方が見やすい、ということ(^-^;

どんぐり倶楽部の公式ホームページは別名

ジャングルホームページ

と呼ばれるほど、パッと見た目は不親切ですが、大切な情報がギュウギュウに詰め込まれています。発見する楽しみもあります。

二つの団体の違いを表にしてみました。

どんぐり倶楽部 オンライン(どんぐり教育研究会)
代表者 糸山泰造先生 吉田ひろみ先生

(監修:糸山泰造先生)

設立年 1985年 2007年
設立経緯 HP内、プロフィール及び

どんぐり倶楽部の理想の子ども像〈幼く・賢く・逞しく〉参照

どんぐり倶楽部の理念に共感し、その普及と発展を目指して設立された

「良質の算数文章問題」ドリルの販売と、指導者養成講座の運営を受託

HP内、当会の沿革参照

教材
  • 年長~小6まで全700題の良質の算数文章問題(各学年の問題番号は00-99)
  • これだけ算数・計算編(6学年分)
  • 漢字基本筆順練習帳(小1のみ)
  • 漢字読本(1-4・6年生)

上記テキストは単体もしくはセットで購入可

他に、どんぐり理論理解のための読み物・講演集など多岐にわたる

詳しくは、テキスト詳細を参照

  • 全700題の良質の算数文章問題(ただし、問題番号が1から始まる。また、問題はA4用紙に一問ずつ印刷されている)
  • 学習の手引き(年長~小5)
  • 「九九」「かけ算・わり算」練習帳
  • いじわるスズメの計算練習帳
  • 算数・図形〈基礎編〉
  • 算数・文章問題〈基礎編〉

詳しくは教材のご案内を参照

添削サービス あり なし
指導者養成講座

どんぐり倶楽部からの認定証等の発行はなし

PILOTや全教材はもちろん、添削ポイントや実際の教室・面談の様子などを収録した、教室運営可能なDVD-Completeも販売

  • 各学年(年長~小6)単位のコース修了者はリーダー認定
  • 小6までの全コース修了者はマスター認定

を受けることができる

詳しくは指導者養成講座参照

 

準拠教室等 資格を得るための特別講座はない

どんぐり式を導入した全国の教室・支部・家庭ブログなどのリンク集あり

!!どんぐり式・どんぐり指導者が広がる仕組み、G哲学構想あり

年長~小3までのリーダー認定後、要件を満たせば、『どんぐり倶楽部準拠教室』の開設資格が得られる

詳しくは指導者養成講座参照

どんぐり倶楽部の教材を採用している教室は『協力教室』として全国の教室案内ページ内でリンク

オンラインの方は、中学受験を意識したオリジナル教材もあるのが特徴でしょうか。

良質の算数文章問題を元に作られた、学習の手引きも気になりますね。

ただ、個人的に「参考」にするのは問題ないと思うのですが、「ねばならない」育児に傾きがちなママは、「同じような絵を描かせないと!」と力が入ってしまうこともあるので、注意が必要かな?と思います。

本書の考え方を参考にして、ぜひ保護者ご自身でも自分で工夫しながら絵図をかいて考えてみることをおすすめします。

学習の手引き年長さんコースより引用

オンラインの説明にも書いてありますね。

四コマ漫画つきの子育てと教育のコラム『子育てスマイル』も読みやすいですし、ホームページ全体の印象が明るくて見やすいです。

実は私も登録しているメルマガ(バックナンバーもホームページで読めます。)では、教育に関するあらゆる講演会・書籍などで熱心に勉強されている吉田先生の姿に刺激され・・・

いや、刺激されてるだけで行動にはあんまり結びついていませんが(^-^;

毎号届くのを楽しみにしています。

良質の算数文章問題を除く、オンラインの教材は実際に私は使用していないので、具体的なコメントはできません。(ごめんなさい。)

でもって、私はどんぐり倶楽部のPILOTは受講していますが、オンラインの認定はもちろん養成講座も受講していませんので、オンラインに関する質問にはお答えできませんです・・・。

実際にどんぐり倶楽部とオンラインを混同している人は予想以上に多い

スマホ検索

私レベルでも「あれ?」ということが多いので、恐らくどんぐり倶楽部への間違い問い合わせも、かなりな数になるはず。

んね。

おわりに

違いを明らかにしたところで、どっちが本家で、どっちが良いのよー!とかいう意図はありません。

オンラインは設立された吉田先生を通してのどんぐり道だと思うし、何といっても見やすいホームページは初心者さんには優しい。

どんぐり倶楽部の公式ホームページは確かに不親切だけど(^-^;どんぐりのすべてが詰まっています。

だから、オンラインだけでなく全国に広がるどんぐり教室(塾)の先生方が見てこられた『元の世界』=どんぐり倶楽部のホームページにも足を運んでいただきたいなぁ、と思います。

ちなみに、このホームページは、おうちでどんぐり子育てを頑張るママ・パパ達を全力で応援していまっす!

どんぐらー親の会へ